美容鍼で血が出た!内出血が消えない時はどうしたらいい?

美容鍼に電気?美容パルス

皆様こんにちは!!神戸三宮美容鍼灸salonMake a Life~代表のWATARUです!!

美容プロの鍼灸師がお届けする美容健康コーナーです!!

今回は皆様が美容鍼に対して一番怖いイメージ「内出血」について説明していきたいと思います。

美容鍼で血が出たり内出血が起こると怖くなっちゃいますよね。

原因と対処法を理解しておけば、美容鍼を受けるのも怖くなくなるのでご安心ください!

美容鍼が原因でニキビが悪化する?プロが解説
>美容鍼で内出血ができたときに早く治す方法
>美容鍼の危険性や注意点

目次

美容鍼で血が出た!原因は?

美容鍼の一番怖いイメージの内出血。

お顔にあざができたらどうしよう??

お顔に鍼をうったら出血しないのかな??

まずは皆様の美容鍼の不安イメージ。

内出血の原因を説明していきます!!

内出血は基本的にはほぼ治りますので怖くはありませんので安心してくださいね。

出血の原因

まずは出血の原因から説明させて頂きます。

お顔には無数の毛細血管が張り巡らされており鍼によって毛細血管を微小に傷つけることにより出血を起こします。

人間の身体に創傷治癒という、傷ついたらダメージを修復して再生する機能があります。

自然治癒力を高める効果もあります。

出血自体は決して人間の身体にとって悪いことではないのでご安心ください。

腫れる原因

神戸三宮美容鍼メンズニキビや毛穴

内出血には動脈性出血と静脈性出血の2種類があります。

動脈性出血は施術中に出血して腫れますが静脈性出血は施術が終わった後など数時間かけて青白く腫れてくるケースがあります。

内出血によって腫れる期間

腫れたが完全に消えるまでは大体2~3週間で早い方だと23日で消える方もいます。

痕は残らないのでご安心ください。

内出血ができやすい人

生活習慣の乱れ、喫煙や寝不足など身体が弱っている人などは血管壁がもろくなっている可能性があるので出血しやすい傾向にはあります。

内出血の予防措置ですが、

当院では脳血管障害や心疾患、その他の血液疾患などでお薬を服用されている方には原則美容鍼灸を行わないようにしています。

上記に当てはまる方や最初のカウンセリングの際に内出血の説明をしっかりとして不安を除く努力をさせて頂いております。

鍼の本数を減らす、目元の内出血をしやすい場所を避ける、より慎重に行っていくことで内出血になる確率はぐんと下がります。

美容鍼の跡や内出血が消えない時に!早く治す方法

もし内出血になってしまったという方には、

  1. 48時間以内は原則アイシングで冷やす(熱感やヒリヒリした感じがある場合)
  2. 3日目以降は温める。軽くマッサージをすることで血腫の吸収が早くなるため。

そして睡眠を良く取り、バランスが良い食事を心がけるように指導させて頂きます。

今回の記事を読んでもらったら、内出血は決して悪いものではないことはご理解できましたでしょうか??

当院も最大限内出血に関しては気を使い、美容鍼灸を行っていきますので是非とも安心して受けに来てくださいね。

美容鍼が原因でニキビが悪化する?プロが解説
>美容鍼で内出血ができたときに早く治す方法
>美容鍼の危険性や注意点

美容鍼で血が出た!内出血が消えない時はどうしたらいい?まとめ

美容鍼で血が出てしまった時や、内出血が消えない場合にどうしたらいいのかを解説しました。

  • 美容鍼で血が出ることは悪いことではない
  • ただし内出血は生活リズムなどが乱れていることでしやすくなるケースも。
  • 内出血ができてしまった場合は、24時間以内は冷やし、3日以降は温めるのが早く治すコツ

血が出てしまったり内出血への不安は消えたでしょうか?

ぜひ美容鍼で美しい人生を!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる